医療現場のためのスクラブ白衣カタログ

動きやすくてオシャレ!人気スクラブ白衣ガイド

第一位

ナースリー

ナースリー ロゴ

  • スクラブの種類:28種類
  • 価格:1,890円~
  • サービス特典:◎
    ★税別3,000円以上で送料無料
    ★ネーム刺繍1点96円(税別)
    ★裾上げ1点500円(税別)

詳しくはこちら

第二位

ピュアナース

ピュアナース

  • スクラブの種類:17種類
  • 価格:1,890円~
  • サービス特典:◎
    ★税込3,240円以上で送料無料
    ★ネーム刺繍1点100円(税込)
    ★裾上げ料金不明

詳しくはこちら

第三位

THS

THS ロゴ

  • スクラブの種類:21種類
  • 価格:2,700円~
  • サービス特典:○
    ★税込5,400円以上で送料無料
    ★ネーム刺繍1点432円(税込)~
    ★裾上げ料金不明

詳しくはこちら

HOME » 医療スクラブに関する豆知識 » なぜ手術着の色は白くない?

なぜ手術着の色は白くない?

一般的な手術着は緑色や青色が主流ですが、この2色が多用されているのはなぜでしょうか。ここでは、その謎に迫ってみます。

手術着の色は視覚効果に関係しています

実際に手術に立ち会ったことのある方も、テレビドラマでしか見たことがない方も、手術の服装と言って思い浮かべるのは濃い青や緑の上下スクラブですよね。白や淡いピンク、淡いブルーといった色は手術の場面ではあまり目にすることはありません。

その理由は、視覚効果

手術中、医師は赤い血液や内臓を長時間見続けなくてはなりません。集中して一箇所を見つめた後に視線をはずすと、赤の補色である緑色の残像が残ってしまいます。

これを「補色残像効果」といい、特に濃い色を長時間見つめた後に、白い背景を見た際に起こりやすく、視界をチラつかせてしまうそうです。

残像が生じると、目が慣れるまで手元がはっきりと見えないため、緊急を要する処置が迅速にできなかったり、思わぬところを傷つけてしまったりといったミスに繋がりかねないのだとか。

そのような理由から、自然と、手術着や手術室は医師の目を撹乱させないように青と緑を基調としたものが多くなったといわれています。

カラーセラピー効果もアリ

手術着において青や緑が選ばれる理由は、補色残像効果を軽減するだけではありません。

青や緑などの色には「リラックス効果」が秘められており、これから手術に望む患者・執刀する医師の緊張をほぐしてくれます。手術につきものの赤色は興奮作用があるため、衣服や背景の青・緑が視界に入ることにより落ち着くのだそうです。

また、緑には目の疲れを和らげる効果があるため(よく視力回復には遠くの緑を見るといいと聞きますよね)、細かい作業で目を酷使する医師は緑の手術着が最適なんだとか。

ちなみに、医療現場で視覚効果や色の効果を導入しているのは、手術室だけではありません。

例えば、待ち時間の長い病院の待合室では、時間が短く感じられる寒色系や落ち着きのある自然色、緊張を和らげる淡色や暖かさを感じられる暖色系などの色を、壁紙やロビーソファに使用しています。

不安を抱えてくる患者さんや現場で働くスタッフ達の心をケアするために、多くの病院が、独自でカラーセラピー効果を導入していたり、病院専門の色彩コーディネートをしてくれる企業に依頼したりしているそうですよ。

 

通販会社のスクラブ白衣をリサーチ

スクラブ白衣のブランド一覧

医療スクラブに関する豆知識